屋外広告で新規顧客開拓

弁護士が広告を使って新規顧客開拓を行う場合には、タウンページ広告や区役所のサイネージ広告などがよく用いられているのですが、屋外広告を使ったセールスプロモーションもあります。屋外広告というのは、その名の通りに施設の中ではなく、施設の外に広告を貼り付けて宣伝をする方法なのですが、どこでも貼り付けておけばよいというわけではありません。

公共の場所には広告を貼り付けてはいけない場所もありますし、貼り付けても効果がないようなところもあります。どのようなところに貼り付けると効果が期待できるのかというと、やはり人が多く集まり、注目される場所がふさわしいでしょう。それは電車の吊り広告や、乗り物に行うラッピング広告、大型ビジョンなどと言った方法があります。

ただし、屋外広告は料金が高くついてしまうという欠点があるものの、多くの人の目に触れるので、効果は期待できるでしょう。問題なのは広告の作成方法なので、弁護士マーケティングが得意な社員を招くために求人を出す必要もありますし、自分達も知識を身に付けておく必要があります。

実演販売も有効な分野とは

営業にはいろいろな方法があるのですが、業種によっては実演販売もが有効的な場合があります。フィールドプロモーションが有効的な業種は、やはり商店などの商業関連です。商店であれば店の中で実際に商品の使い方を説明する場合や、商品のよさを直接アピールすることが多いでしょう。

このような実演販売は目の前で実際に商品を使ってアピールしていることから、かなりの効果が期待できます。食品を販売しているのであれば、試食として実際に少量食べて味見をしてもらうという方法が効果的ですし、この食べ物はとても体によいということをアピールすることでも効果が出ます。

新規顧客開拓は簡単なことではないので、フィールドプロモーションを長い期間続けていく必要があります。また、しっかりとした知識を身に付けておく必要があるので、求人を出してもただ採用するのではなく、しっかりと人材育成ができる体制を整えておかないと、フィールドプロモーションで効果を出すのは難しいでしょう。

売り上げのデータ分析も大切

セールスプロモーションの方法はいろいろとあるので、自分が経営している業種に合わせた方法で行うことや、売り上げによってどのような方法を取るべきなのか検討をする必要もあります。そのためにはまずどれぐらい売り上げを上げているのかだけではなく、売り上げが多い時間帯や少ない時間帯、どのような物が売れてどのような物は売れていないのかというデータ分析も大切です。

データ分析を行って、今後どのような新規顧客開拓を行っていくのか、どの部分を改善していくのかというのを話し合わなければいけませんし、どのような人を雇っていくのかという点も重要になります。データ分析を行うことによって、セールスプロモーションだけではなく、求人の出し方まで変えられます。

このようにできればどんどん経営もよくなっていくのですが、すぐに結果が出るとは限りませんので、頻繁にデータ分析を行っていくことや、ただ分析するだけではなく、データを活かすような経営方法を取らないと、いくらデータを分析しても意味がありません。

例えば、ウェブでもPDCAサイクルを良くまわして、どういう顧客がきたのか、どういうサイトページをみたのか、確認しておくのです。

商品の配置

セールスプロモーションは特に商店で重要視されているのですが、商店で重要なことは商品の配置です。商品の配置を考え、最も売りたい目玉商品を店頭の見やすい位置に置いてしっかり宣伝することもセールスプロモーションの一環だと言えるでしょう。特に自分の店でオリジナルの商品を扱っている場合や、人気の商品がある場合には特に重要です。

よくあまり売れていない物を売るために目立つところに配置するという店もあるのですが、これではよく売れている商品まで売れなくなってしまう可能性があります。また、どの商品がどこに置かれているのかがはっきりとわかるような工夫も必要です。

そのためにはいつお客から聞かれてもいいように、求人を出して採用した新人にはしっかりと場所を教えておく必要があります。よく配置ぐらい自分で確かめておくようにと考えている人もいるようですが、これでは新規顧客開拓もできませんし、せっかく採用した人もすぐ辞めてしまう可能性があるので、やはり指導力のある人を責任者にすることも大切です。

ページをどのように作成しているのか、どういう商品を配置しているのか?等の確認も重要なのです。

弁護士事務所の売り上げを倍増させた実績もある

最近は交通事故に絞っている場合や、相続に絞っている専門弁護士が多くなっているのですが、このような専門性を売りに出すことがユーザーのニーズを満たすことがあるようです。経営コンサルティングも弁護士に勧めることがあります。実際に交通事故の専門性をホームページで訴えることで、売り上げが倍増したという店も存在しています。

もちろん弁護士が専門性をうったえれば売り上げがあがるというわけではありません。。重要なことはどの経営コンサルティング業者に相談をするのか、アドバイスをしてもらったことをただ実行するのではなく、最良の方法で臨機応変に対応できるかが重要になります。

専門性をたかめることは、様々なその分野での相談に対応できるので、ユーザーニーズを多様に吸い上げ応えることができます。なんでもこなしますといっている弁護士にくらべて、特徴がはっきりしているので、消費者も選びやすいという利点もあるようです。。それで売り上げを倍増させるのはかなり難しいのですが、実際にはこのような弁護士もたくさん存在しているのです。

経営に苦しんでいる弁護士事務所からも頼りにされている

現在法律事務所は、ライバルの増加でかなり経営が厳しくなっているのが現状なのですが、このような法律事務所も経営コンサルティング業者を頼りにしています。新人の法律事務所はかなり経営が厳しくなっているので、経営コンサルティング業者を頼る業者が多くなっているのですが、中には経営コンサルティング業者に相談をしたことで、大幅に売り上げを伸ばした法律事務所も存在しています。

では、経営コンサルティング業者を訪ねた法律事務所にはどのようなアドバイスをすることが多いのでしょうか。それは専門特化なのですが、交通事故に強い!というのをうたったり、顧客のどのニーズをみたすのか、明確にする戦略です。

地域によって、相続が多いニーズや、交通事故が多いニーズなど多種多様なので、そこを見分けながら、専門性を高める必要があるのです。

弁護士事務所の開設!

現在ではいろいろな会社が経営コンサルティング業者に相談しているのですが、実際には法律事務所も経営コンサルティング業者を頼って相談していることがあります。なぜ法律事務所で経営コンサルティングが関係してくるのかと思う人もいるでしょうが、やはり人を使っている、営業を行わないと仕事が取れないという点では、他の業種と変わりないからです。

では、法律事務所の会社が経営コンサルティング業者にどのような相談を持ちかけてくることが多いのでしょうか。実際には弁護士のモチベーションを上げること、人材を育成し、辞めていかずに長続きさせる方法、営業の方法、弁護士の過当競争に対処する方法などが一般的です。

中にはイソ弁を補充している法律事務所もあるのですが、このような方法ではうまく経営していくことは難しいでしょう。やはり基本となるのは人材育成と無駄のない弁護士経営、そして単なるいそ弁ではなく、メインで活躍する弁護士を指導をすすめる経営コンサルティング業者が多いと言えます。

地方産業が重要視している

会社を経営する人の多くは日本の首都であり、最も人口が多い東京に来て弁護士事務所を開業することが多いですし、元々は弁護士事務所を地方で開業していても、現在では東京に移転して弁護士事務所を構えているという事務所が多いでしょう。しかし、現在でも地方で頑張っている法律事務所も多く存在しているのですが、地方で経営している人の多くは経営コンサルティングの助けを必要としています。

もちろん地域に関係のない事業も存在していますが、大半の事業は人口が多い地域の方が有利になるので東京に進出するのです。最近は地域の活性化が注目されているのですが、やはり東京に比べて地方で法律事務所を行うのは難しいので、経営コンサルティング業者に相談し、どのように運営していくべきなのかを相談することが多いと言えるでしょう。

やはり地方の特性を生かして経営することが最もよい方法であると思いますが、プロならではの視点でなければアドバイスできないこともたくさんあるので、まずは信頼できる経営コンサルティング業者に相談することから始めましょう。