弁護士事務所の開設!

現在ではいろいろな会社が経営コンサルティング業者に相談しているのですが、実際には法律事務所も経営コンサルティング業者を頼って相談していることがあります。なぜ法律事務所で経営コンサルティングが関係してくるのかと思う人もいるでしょうが、やはり人を使っている、営業を行わないと仕事が取れないという点では、他の業種と変わりないからです。

では、法律事務所の会社が経営コンサルティング業者にどのような相談を持ちかけてくることが多いのでしょうか。実際には弁護士のモチベーションを上げること、人材を育成し、辞めていかずに長続きさせる方法、営業の方法、弁護士の過当競争に対処する方法などが一般的です。

中にはイソ弁を補充している法律事務所もあるのですが、このような方法ではうまく経営していくことは難しいでしょう。やはり基本となるのは人材育成と無駄のない弁護士経営、そして単なるいそ弁ではなく、メインで活躍する弁護士を指導をすすめる経営コンサルティング業者が多いと言えます。

地方産業が重要視している

会社を経営する人の多くは日本の首都であり、最も人口が多い東京に来て弁護士事務所を開業することが多いですし、元々は弁護士事務所を地方で開業していても、現在では東京に移転して弁護士事務所を構えているという事務所が多いでしょう。しかし、現在でも地方で頑張っている法律事務所も多く存在しているのですが、地方で経営している人の多くは経営コンサルティングの助けを必要としています。

もちろん地域に関係のない事業も存在していますが、大半の事業は人口が多い地域の方が有利になるので東京に進出するのです。最近は地域の活性化が注目されているのですが、やはり東京に比べて地方で法律事務所を行うのは難しいので、経営コンサルティング業者に相談し、どのように運営していくべきなのかを相談することが多いと言えるでしょう。

やはり地方の特性を生かして経営することが最もよい方法であると思いますが、プロならではの視点でなければアドバイスできないこともたくさんあるので、まずは信頼できる経営コンサルティング業者に相談することから始めましょう。