屋外広告で新規顧客開拓

弁護士が広告を使って新規顧客開拓を行う場合には、タウンページ広告や区役所のサイネージ広告などがよく用いられているのですが、屋外広告を使ったセールスプロモーションもあります。屋外広告というのは、その名の通りに施設の中ではなく、施設の外に広告を貼り付けて宣伝をする方法なのですが、どこでも貼り付けておけばよいというわけではありません。

公共の場所には広告を貼り付けてはいけない場所もありますし、貼り付けても効果がないようなところもあります。どのようなところに貼り付けると効果が期待できるのかというと、やはり人が多く集まり、注目される場所がふさわしいでしょう。それは電車の吊り広告や、乗り物に行うラッピング広告、大型ビジョンなどと言った方法があります。

ただし、屋外広告は料金が高くついてしまうという欠点があるものの、多くの人の目に触れるので、効果は期待できるでしょう。問題なのは広告の作成方法なので、弁護士マーケティングが得意な社員を招くために求人を出す必要もありますし、自分達も知識を身に付けておく必要があります。