売り上げのデータ分析も大切

セールスプロモーションの方法はいろいろとあるので、自分が経営している業種に合わせた方法で行うことや、売り上げによってどのような方法を取るべきなのか検討をする必要もあります。そのためにはまずどれぐらい売り上げを上げているのかだけではなく、売り上げが多い時間帯や少ない時間帯、どのような物が売れてどのような物は売れていないのかというデータ分析も大切です。

データ分析を行って、今後どのような新規顧客開拓を行っていくのか、どの部分を改善していくのかというのを話し合わなければいけませんし、どのような人を雇っていくのかという点も重要になります。データ分析を行うことによって、セールスプロモーションだけではなく、求人の出し方まで変えられます。

このようにできればどんどん経営もよくなっていくのですが、すぐに結果が出るとは限りませんので、頻繁にデータ分析を行っていくことや、ただ分析するだけではなく、データを活かすような経営方法を取らないと、いくらデータを分析しても意味がありません。

例えば、ウェブでもPDCAサイクルを良くまわして、どういう顧客がきたのか、どういうサイトページをみたのか、確認しておくのです。

商品の配置

セールスプロモーションは特に商店で重要視されているのですが、商店で重要なことは商品の配置です。商品の配置を考え、最も売りたい目玉商品を店頭の見やすい位置に置いてしっかり宣伝することもセールスプロモーションの一環だと言えるでしょう。特に自分の店でオリジナルの商品を扱っている場合や、人気の商品がある場合には特に重要です。

よくあまり売れていない物を売るために目立つところに配置するという店もあるのですが、これではよく売れている商品まで売れなくなってしまう可能性があります。また、どの商品がどこに置かれているのかがはっきりとわかるような工夫も必要です。

そのためにはいつお客から聞かれてもいいように、求人を出して採用した新人にはしっかりと場所を教えておく必要があります。よく配置ぐらい自分で確かめておくようにと考えている人もいるようですが、これでは新規顧客開拓もできませんし、せっかく採用した人もすぐ辞めてしまう可能性があるので、やはり指導力のある人を責任者にすることも大切です。

ページをどのように作成しているのか、どういう商品を配置しているのか?等の確認も重要なのです。