弁護士開業は自己分析の情報収集とホームページが鍵

地域

まずは己を知ることから

弁護士事務所を新しく開設して、新規顧客開拓を行うためには、やはり事務所開設した地域の情報収集を行うことが基本になります。弁護士は、地域に密着しているビジネスですので、エリアマーケティングといったりします。

では、どのような地域に関する情報収集を行うのかというと、大きく分けると自分の得意分野と、ターゲットとなるエリアの人口、特性、ライバル事務所がどのようになっているのかという情報収集です。多くの人は市場に関して情報収集するのはわかるけれど、何で自分の得意分野の情報収集するのかと疑問に思う人もいるでしょう。

弁護士というのは、意外に自分の強みや弱みをわかっていない場合が多くなっているのです。また、自分がそのエリアで開設した場合、どういうポジショニングになるのか、どういう強みを発揮していけば、お客様の目にとまるのか?といった視点が重要になるのです。

マッチングが重要ですから、地域のニーズ分析はもちろん大事ですが、それに対して提供できるサービスとは何か?を明確にしておかないと、地域の方から指名してもらえません。

弁護士営業がうまくできない場合や、新規顧客からの連絡がない場合、あるいは過労で休業してしまう場合や、不満を持って事務員が辞めてしまう場合があるのです。よって自分の事務所の強み・弱みをしっかりと情報分析を行うことが、弁護士開業の成功の鍵をにぎるといってもよいでしょう。弁護士開業失敗という悲惨な結果にならないように、独立時には慎重にマーケティング調査を行うべきでしょう。

弁護士開業後・短期間で多くの新規顧客開拓するにはホームページ制作

やはり、弁護士開業後の新規顧客開拓は短期間で多数の人にリーガルサービスを伝えるべきという考えの人もいるでしょうが、短期間で多くの人に弁護士事務所のよさをアピールするのに適しているマーケティング手法は、やはり「弁護士 ホームページ」を制作することだと言えるでしょう。

弁護士 ホームページは多くの人が閲覧してくれますし、弁護士の人柄や性格、経歴等をアピールできるので、短期間で集客効果が出るのです。

ただし、弁護士 ホームページを制作するには多くの資金が必要になるという欠点も存在しています。弁護士 ホームページの方法に、全てメリットしかないものは存在していませんので、状況に応じて使い分ける必要があります。ランニングコストも集客できるホームページを制作するには頭にいれておかないとなりません。よって、ホームページの効果を見ながら、売り上げを順調にあげながら、その売り上げの一部を、ホームページへと再投資するという循環をさせるのが適切です。

一度に初期費用をかけてしまい、回収ができないのでは意味がありません。ホームページの規模と、実店舗である法律事務所が比例的に成長できる。そういった関係であることが望ましいのです。

法律サービスは、多くの売り上げを得ることができるので、ホームページ制作による投資は回収できますが、いくら弁護士 ホームページを制作しても、うまくアピールできなければ新規顧客開拓はできませんので、やはり集客できるホームページを制作できる会社をみつけ、しっかりと運用できる体制にしないとなりません。